生きていると人生色々あるよね、という話。

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

 

最近思うこと。

生きていれば人生色々あるよねいうこと。人に言えないことや隠したい過去話。こういう表に出したくない話は年を取るにつれて増えてくる。

かくいう私ももみ消したい過去はいくつもあるし自ら口にしない、ネットに書かないことだってたくさんある。これまで苦労がなかった訳でもないし、順調に生きてきた訳でもない。

ただそれを乗り越え時間が過ぎると笑い話になり、わざわざ「こんなことあったんだ。」という自己開示すらしようとも思わなくなる。あと実際忘れてることも多い。(ショックな出来事があると思いださないように心の奥にしまっておくことってあるよね。)

 

そのため、私は人から見ると苦労なしにひょうひょうと生きているように思われていたことが最近、発覚しました。そんなの相手の態度見たらすぐわかるよ。

その態度に不本意ながらややイラっとした。

 

けど、こんなことで怒るのも感情の無駄遣い。

その人とは離れればいいだけ。
関わらない方がお互いにとっていいんだな、と思いました。

 

相手は自分の写し鏡

 

相手から受けた嫌な態度・仕草は自分自身を振り返るきっかけになる。

私が意識していなくても無意識のうちに相手に不快感を与えていることもある。配慮が足りないこともある。ただ、「程度」の具合は人によって異なるのでその判断が難しい。

相手との信頼関係が築けていない間は、私が感情オフ・無の境地で過ごすことが求められ、日々修行が必要だな。と感じています。

また信頼関係が築けたあとでも人の心はすぐ変わるものなので、やはりここでも感情のコントロールは必要だと思っています。感情的になると、解決できることも話がこじれ関係性が悪くなることもある。

 

そう思うと。やっぱり生きるって大変だなぁ・・・と今日も思っています。

 

  

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です