// はじめに読んでほしい記事 //

《4410》ハリマ化成グループ 2018年3月期決算発表を読んで

なぜ気になったのか

・2018年3月期の決算発表は、四季報>決算>会社予想
・来期の予想は会社予想>四季報
・この情報だけだと判断しづらいけど、会社予想が四季報よりも大きく上回っていた。

会社情報

会社名:ハリマ化成グループ
会社プロフィール
・ロジン原材料(松やに)化学品草分け存在
・パルプ製造の副産物である粗トール油からトールロジンを精製する日本唯一のメーカー
・製紙用薬品、インク樹脂、塗料用・粘着剤樹脂などで高シェア
・アメリカのロジン関連会社(ローター社)買収後、一気に海外売上が5割を超えた
IR情報
https://www.harima.co.jp/ir/

時期

決算短信https://www.harima.co.jp/ir/pdf/cfr180501.pdf

四季報:2018年2集(3月売り)

現在のチャート

※2018/5/21の日足チャート

決算短信を読んで

【今回発表された決算短信】

  • 2018年3月期は悪くない着地
  • 四季報予想と比較して、気持ちもの足りないところ
  • ただ、来期(2019年3月期)の予想が四季報<会社予想となった
  • 決算発表した直後は大きく株価が上昇した

コメント

  • 財務状況も悪くないし、M&Aをして拡大しようとしている様子が見える
  • 会社予想も強気
  • 決算短信と説明資料を読んだけど、いまいちピンとこない印象・・・
  • 何か材料があれば上がる雰囲気はある。
  • 次回の四季報(2018年3集)での数字で動く可能性もありそう
【悪くないけど、強く買いたいとは思えない。四季報待ち】