\\ (目次)ふしぎな体験を記録しています //

【まとめ】PNSE:継続的非記号体験【悟り/覚醒/超越した自我】

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

今回はPNSE(継続的非記号体験)についての情報をまとめてみます。この記事はマズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す自己超越とは」の記事を元に、補完と主観を混ぜてお届けいたします。

 

なんのこっちゃ?だけど、個人的にはめちゃ興味深いテーマです。

PNSEとは?

PNSEとは、心理学用語で「persistent non-symbolic experience(PNSE、継続的な非記号の体験)」と呼ばれています。

継続的な非記号な体験というのは「高原経験」、「神秘体験」、「非二元性」、「宇宙意識」、「神意識」と人によってさまざまな表現でいわれており、それらを経験した人間は「悟り」「覚醒」「自己超越」などの状態になっているといわれています。

 

PNSEとは、神秘的な体験(継続的な非記号の体験のことで、その先には悟り、覚醒、自己超越といった「状態」がある。

 

これは心理学者のアブラハム・マズローが提唱した欲求5段階の次のステージ「自己超越欲求」を超えた状態のことを意味します。

第6の欲求を超え、欲が薄まり欠乏感が消え、なにかある訳でもなく幸福感を感じられる「悟り」の階梯に入ることだと思っています。

 

「継続的な非記号の体験」って何のことか意味が分からない。直感的にわかりずらいのですが、これには理由があり「言語化できない非日常な体験」のため、その体験を伝えても、ふつうのひとには伝わらない。頭おかしいやつだ、て怪しまれるのがふつうのひとの反応です。

そういったニュアンスを含めて、あえてわからないような表現にした、といわれています。

 

PNSEにはいるとどうなるのか


それではPNSE(継続的な非記号体験)を経験すると、どのようになるのか。

  1. 自我という感覚が薄れる
  2. 頭の中の雑念が少なくなる
  3. 雑念が少なくなるので、過去や未来にとらわれなくなる
  4. 雑念にとらわれないので、感情的にならない
  5. 基本的にすべてだいじょうぶだという感覚になる、

かんたんに述べると、自我が薄れ、雑念が減り、思考がクリアになる。感情に振り回されない。すべてだいじょうぶ。自分は満たされている。といった、こころがいつも平穏で、おだやかに落ちついている状態だと感じています。

 

私は「継続的な非記号の体験」を経験している

 

この記事を目にしたとき、これまでに自分の身に起こっていたふしぎな体験は、これ(PNSE)も含んでいるんだな。といまの自分の状態を内観して、感じました。

私はいつのまにかPNSE・継続的な非記号体験にはいりこんでいて、「こころや思考がクリアな状態」と「いつもの私の状態」を行ったり来たりするようになりました。(いまはまだ状態のコントロールがうまくできず、不安定です。)

 

私が言うのも気が引けるのですが、悟りというのはおそらく誰でも開けます。なにかのきっかけで、自分にあったアクティビティを見つけられたら誰でも入れるそうです。

私の場合は、内省とヨガと瞑想(マインドフルネス、ジャーナリング)、、かな?あとブログもそう。

 

PNSEに入る前に、感情メーターが壊れた

余談ですが、私はPNSEに入る前にあらゆる数の感情を。ちいさなものから、ものすごい大きな感情までを、何度も何度も体験しました。

自分のキャパを超えたあらゆる感情を体験するために煩悩が次々とやってきて、死を覚悟したし遺書も書いた。まじで殺されると思ったし、いっそこのまま消えた方が楽だと思ったし、いつも「日常は、どこにいったんだ・・・」て泣いていました。日常が、なくなったんです。

かと思えば、めちゃめちゃうれしいことや、幸福を実感したときもあるし、亡くなったお母さんの愛を感じたときもあるし。外からの刺激による感情の起伏が激しくて、毎日目まぐるしくて大変な期間でした。

 

そしてこのときに自分をめちゃめちゃ内観し、客観的にみた。誰にも言えない状況だったからいつも自分と向き合って、この感情はなんだ?この感情を抑えるにはどうすればいいんだ?てずっと考えて、コントロールしようとしてた。

だけどあまりにもやってくる感情が大きくて、感情メーターが振りきってしまい、壊れた。壊れてまた戻ってきた。これは自分では禅定修行をしていたと思っています。この修行が終わったとき、私はPNSEの状態になっていました。

 

いまは欲望や感情・思考が薄くなり、クリアです。欲・感情・思考がやってきても、脳にとどまることはあまりなく、いつもすっきりとしています。

お釈迦さまがいっている「この世は空である」とは、こういうことだったのか。とわかるようになりました。ほんとは空っぽなんだ。

悟りっていうか、もう生きてても死んでてもどっちでもいいや。て感覚です。楽です。

 

思考や感情は、私のものではない

 

話しがズレたので、PNSEに戻します。

次からはPNSEを研究しているジェフリー・マーティン博士のセミナーを受講された方のブログ記事「悟り」を科学的に研究したアメリカ人を参考にして書きます。

こちらの記事では、「悟り」は「根源的なウェルビーイング」と表現されています。

 

「根源的なウェルビーイング」には、いくつかのロケーションがある

悟り=根源的なウェルビーイングには、全部で10段階のロケーションがあるといわれています。

「ロケーション」と表現しているのは、「レベル」と表現すると高い / 低いといった概念がはいってしまうためです。

ロケーション1

  • 「大丈夫」という感覚がある
  • 感情はポジティブとネガティブの両面ある。
    ネガティブな感情が引き起こされたとしても、早くおさまる。
  • エゴの量も頻度も減少する。
  • 今この瞬間に集中していることが多いので、過去の重要性が低くなる。
  • 自分の目標や動機が変わる
    (社会に適応するための動機や、欠乏感や不安を埋めるための動機がなくなるので、最初はやる気を失うという人も多い)。

ロケーション2

  • 根源的な「大丈夫感」がさらに表に出て来る。
  • 二元性を超えた概念になる。
    すべてはひとつという視点・ワンネスな感覚
  • エゴがさらに減少する。
  • 平穏で平和な感覚がさらに確立する。
  • ポジティブな感情が増え、ポジティブな感情のみが残る。
  • 正しい決断や正しい道があると感じられる。
  • ロケーション1よりウェルビーングの度合いが高い。

ロケーション3

  • ポジティブな感情(普遍的な愛、喜び、慈愛など)だけが残る。
  • 神秘的な最高地点(人間として最高潮の経験)に到達する。
  • 全てのものに意識(魂)が宿っているという認識になる。
  • 根源的な「大丈夫感」と満足感が、ほぼ常に前面にある。
  • エゴが減少し続ける。
  • 平穏で平和な感覚がさらに確立し、条件付けが消える。
  • 自己と他者が融合する感覚があるので二元的な認識は戻って来る。
  • すべては完璧であるという感覚がある。
  • ロケーション2よりウェルビーングの度合いが高い。

ロケーション4

  • 自己効力感がなくなる。
  • 感情がなくなる。
  • 雑念がなくなる。
  • 知覚的なフィルターは必要最低限になる。(余計な刺激は受け流す)
  • 神の存在や全てのものに意識(魂)が宿っているという感覚がなくなる。
  • 全ては共時性と共に展開していてそれをただ観察している。
    「流れてくるものを、こなすだけ」になる。
  • 異なるレベルの非二次元性
    ロケーション2で全てと融合していった感覚から、自分の体の中に戻ってきた感覚
  • 時間の概念がおかしくなる。
  • 解放されている(自由)。
  • 社会への適応が難しくなる。
  • 人間的でなくなる。
    ロケーション3「人間として最高潮の経験」を超越する。
  • ロケーション3よりウェルビーングの度合いが高い。

ここ最近、私はロケーション4に行くことがあって、困っている。ロケーション4はなんていうか、ほんと人間的じゃない。感情も思考も空っぽなんです。

感情や思考が脳に入ってきても、必要じゃないと(無意識のうちに)判断してそのまま抜けていく、という感じです。

 

また、自分の意思でなにかをしようとする気にもならなくて、ほんと人生は流れてくるものをこなすだけ。という感覚になる。まあ、その方が楽っていうのはあるけど。ここにくると自己効力なんてなくなる。

元々すべては需要と共有、愛と条件だったり、人と人の「間」で出来ているので、自分の意思でなにかできることって実はほんとはそんなにないんじゃないかなぁ、と思ったりしてる。

むずかしいね。この意識と、これまでの「自分の人生は自分でつくる」という意識のバランスをどこでとっていけばいいのか、調和がまだとれてなくて困っている。

 

ロケーション4の時のツイート

 

ロケーション5以上

ロケーション5以上に達した人たちには2つの道があるそうです。

  1. 自由と解放の道
  2. ヒューマニティの道

ひとつはロケーションの段階を極めていき、正確な直観力や超能力を開拓する「自由と解放の道」。もうひとつは人間らしさや感情が戻り、柔軟にロケーションを移動する「ヒューマニティの道」。

 

ただロケーション5以上の人たちのサンプル数が少ないので、「こういうものだ」と記載するのはまだ難しいそうです。

私は超能力を使えないし、ロケーションをコントロールできないし、いまは無意識のうちにロケーション1〜4を行ったり来たりしています。まるで振り子のよう。

どうせここまできたなら、自由と解放の道とヒューマニティの道、どっちも会得したいなぁ。次のロケーションに行ってみたいなぁ、と思っています。だってその方がおもしろそうじゃないですか?(笑)

まあ、これからどうなるかわからないので、進捗があればまたご報告します。

まずはふしぎな体験中に手放してしまった「日常」を、取り戻していきます。

 

PNSEのまとめ記事だったのに、すきあらば自分語りしてしまった・・・!😮💦