\\ (目次)ふしぎな体験を記録しています //

【PNSE】ロケーションの変化(2/3〜2/9)【段階1〜4】

 

前回からのつづきです。

「悔しい」を原動力に動いてる。行き場のない感情が静かに溢れている。

 

ここからは、PNSE(継続的・非記号体験)のロケーション変化の記録をしていきます。

▷関連記事:【まとめ】PNSE:継続的非記号体験【悟り/覚醒/超越した自我】

 

もしいまPNSEに入って、戸惑いや困っている方に向けて。
私の意識状態をシェアします。

 

ロケーション3の状態(私の場合)

  • ていねいに生きたいと思う
  • すごく繊細になる
  • 自然がうつくしくて、癒してくれる
  • その場にいるだけでしあわせで、涙が出てくる
  • 静かで落ち着いている
  • 地元(地方)にいると比較的入りやすい

感情メモ

目の前のしあわせや事実にひとつひとつ目を向ける、味わう、体験を感じる。そうやってひとつひとつを丁寧に生きていったほうが、「生きてる」と、実感できるなぁ。2020/02/08 21:14

ほんとに意識状態が気づかないうちに移動してる。いまはロケーション3で、すごく気分がいい。一番人間的で、いいひとになれてる気がする。2020/02/09 2:42

ロケーション3は、繊細なんだなぁ。たぶん2019年7月くらいから入るときがあった気がする。2020/02/09 3:04

 

なんていうか、ほんとにしあわせなんです。

なにもなくても、いまのままで充分。それ以外に言葉がなくて、ひとりでいると何もしなくてただ、じっと自然のうつくしさや、すきな音楽を聴いてひっそりとしていたい。そう思ってる。

一番、「私らしい」なぁ。

 

誰かといっしょにいるときはすごくご機嫌で、冗談言ったり甘えたり、すごく無邪気に相手との「いま」をたのしんでる。

なんていうか、「私かわいいなぁ」て思ったりしてます。笑

 

ロケーション移動(段階1〜3)の弊害

 

内観してるとロケーション3と1・2の明確な違いがわかるようになった。ただ、1と2の区別はまだむずかしい。

 

ちなみに1・2・3とロケーションの変化や、自分の思考や感情の変化を観察すると、それに反応(答えようと)する意識が出てくるので、行動にうつす。

でも1・2・3はなかなか異なる意識状態で、しかもわりと短期間で移り変わるから、それにいちいち反応するのは割とめんどくさく大変な作業だったりする。

それに話したり行動していることがチグハグになるから、自分自身でも過ぎ去ったあと戸惑うし、人にあまり話さない方がいいんだな。となってしまう。

毎回(というか毎瞬のように)言動が異なるから、話してることや行動に一貫性がない人間だ。て思われてしまいそうだから。

この意識状態の調和をどこでとっていくかが、なかなかむずかしい。いまの私の課題かな。ただ、どの意識も「私」なんだけど。

多重人格者て言葉が合いそうで、ちょっといやだ。

 

ロケーション4はこれはこれでしあわせなのかも

 

だからロケーション4の「なにもない」状態が楽だったりもする。余計な思考や感情がないから、ロケーション4も悪くはないかなと思ったりして。

4は意識すればいけるような気がする。だけど4 → 3・2・1の状態に戻るまでに時間がかかるから、あんまり行きたくはないかなぁ、と。ただ、外的刺激を受けて嫌なときは意識的に4にいこうと思う。

 

すこしだけ、ロケーションをコントロールする方法が見えてきてちょっとうれしい。

 

つづく。

【PNSE】ロケーションの変化と5の「カラフルな世界」について考える