よく知らないことを知ったかぶりしてテキトーに発言すること

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

 

よく知らないことをテキトーに話合わせて、知ったかぶりするのはよくないな、と思っています。言葉を響きや雰囲気だけで覚えて会話すると、わかってる人から見るとすぐにバレる。

こういうの、信用なくなるだけだよね。

 

「知らない自分」は恥ずかしいかもしれないけど、自分を大きく見せるより、評価を落とさないように、知らないことは知らない。と言った方がいいし、あえて知ってるふりをする必要もないと思います。自分のためにもね。

 

スン(._.)

 

それでも日々生活をしていると、1つの話題に対して「私の知ってること」と「相手の知ってること」の範囲や深度、解像度にズレが生じることがある。

私が無邪気に話しても、相手にとっては「んなもん、わかってんだよ」てパターンがよくある。またはあえて何も言われずスルーされて終わるだけ、そして気づかぬうちにバカ認定。

 

そう思うと、人と会話するのしんどいなぁ・・・と思う。自分と似たレベルの人や居心地のいい人と一緒にいないとフラストレーションが溜まりますね。

知らないことも知ってることも、自分がすべてだ。これが最新の情報だ。だなんて思わず謙虚に生きるのがいちばん。目立たず控えめに、ひっそりと。

 

ところでこのお花の名前はホトトギスっていうんですって。

 

アプリに教えてもらいました✌🏻

 

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です