番外編:頭の中をアウトプットして整理します。【本当に自分がやりたいことを見つけよう】

 

2019年4月30日、平成最後の日ですね。今日はテレビやSNSでは天皇退位の特集ばかりです。天皇陛下と美智子さまのやわらかな笑顔の映像や写真を見ると、うまく言葉が出てこないけど、うれしいような、切ないような、そんな気持ちになります。

さて、先日よりトライしている、「本当に自分がしたいことを明らかにする、6つのステップ」というワークのSTEP5まで進みましたが、なんだか頭の中がぐちゃぐちゃになっているのでSTEP6をやりつつ一旦アウトプットしようと思います。

 

悩みの根幹・背景

 

STEP5:お金の心配がなくなったときにやりたいこと」として、次の4つを挙げました。その中の回答として、「ブランドをつくる」「働き口が少ない国でローカル人を雇用」が、私の中で引っかかっています。

そしてこの2つのワードを眺めていたら、どちらも「事業活動」ということに気がつきました。

  • ブランド創造:ブランド=事業
  • ローカル人の雇用:雇用するためには仕事(事業)が必要

「国内」なのか「世界」なのかといった土俵が違うだけで、実は根幹部分は同じということに気がつきました。

やりたいことは、マーケ?それとも事業創造?

 

それなら私がやりたいことは事業創造なのか?と考えると、答えは「YESに近いNO」です。

ゆくゆくは事業を創りたい、将来的にはチャレンジをしたいと思う。だけどその前に学ぶこととして、マーケティングが必要だ。事業を創るうえでのコンセプトの考えやポジショニング・ターゲティング戦略といったことを理解する必要があると思っています。事業創造の前に身につけなければいけない知識がたくさんあります。

 

ワークの回答とやりたいことを照合してみる

 

これまで「好きなこと」「得意なこと」「理想のライフスタイル」「理想のワークスタイル」「お金の心配がなくなったらやりたいこと」というの5つのワークをやってきました。

それぞれの回答と、「私のやりたいことは’事業’?」という仮説を照合してみました。そうすると、「理想のワークスタイル」がこの仮説にあまり当てはまらない気がしました。

働く環境、コミュニケーション、どのような人たちと一緒に働きたいのか。といった質問の回答は「基本はひとりでもくもくとパソコンに向かって作業をすることが好き。」というものでした。だけど、やりたいことの仮説は「事業を起こしたい(人を雇用したい)」なので、理想とは異なってしまっています。

 

優先するのはやりたいことか、理想なのか

やりたいことと理想が矛盾しています。私は、どちらを選べばいいんだろう。この答えは今決めなくてはいけないのかな。難しいので保留ってできるかな。

それともどちらもできるようにする欲張り案はあるのかな。私はひとり作業をしつつ、現地では現地人が仕事をする、ということが。最初の方が一緒にやるとして、徐々に現地人におまかせをするというスタンスだとか。

事業の内容が決まっていないから、商品なのかサービスなのかわからないし、無形なのか有形なのかも未定。やりたいことと理想を叶えることはできるだろうか。

または、「ひとりもくもく作業」は本当に理想なのか?もう一度自分に問いかけてみる必要もある。だって、ずっとひとりでもくもく作業していたらさみしいじゃん。コミュニケーションは取りたいって書いているから、本当は人と一緒に仕事したいのでは??

 

あ、わかった。

 

どちらも本心だけど、捉え方をやわらかくしてみよう。実作業ベースは「ひとりもくもく作業」がいい。だけどチームや組織として動くことには賛成、ということだと気づいた。なのでやりたいことも、理想のワークスタイルもどちらもクリアだ。

 

 

なんか途中だけど、長くなってきたので今日はいったんここまでにします。

また、後日この続きについて考えます。