// はじめに読んでほしい記事 //

2020年と、死ぬまでにやりたい100のこと

 

毎年書いている「死ぬまでにやりたい100のこと」。

今年からすこし書き方とタイトルを変更してみました。

というのも、死ぬまでにやりたいことと、年の初めにたてる目標は時間軸が異なる「私のやりたいこと」だと気づいたからです。

 

やりたいことは時間の経過と共に変わる

 

このテーマは毎年書き直しています。その理由は、やりたいことは時間の経過と共に移り変わるからです。

こうやって年の終わりやはじめに書いていますが、これは「いまこのとき(最終更新日)」時点での私のやりたいことです。去年の私や、翌年の私がやりたいこととすこしズレが生じるな。しかも記事公開時と更新時でも、やりたいことは変わっているな、と気づいたからです。

だから2020年1月1日〜12月31日までの期間中、「私がやりたい」と感じたことを書いています。

 

私がいつ死ぬかなんて、誰にもわからない

 

人間はいつ死ぬかわからない。明日死ぬかもしれないし、50年後に死ぬかもしれない。

私がいつ死ぬのかは誰にもわからない。私という人間もだし、この記事を読んでくれている「あなた」という人間も、いつ死ぬかなんて誰にもわからない。

 

だから「死ぬまでに」やりたいこと、というのはほんとは早くやった方がいい。だってもしかしたら3時間後に死ぬかもしれないから。「もしも」の可能性は常に隣り合わせ。50:50の法則です。

 

だけどその中で「すぐにできるもの」「時間をかけて検討してやりたいもの」「難易度が低いものから高いもの」といった優先順位や緊急度が自分の中で表面化してきます。どの順番でやるかは生きているうちに考え、時間をうまく使って行動をしていきたい。

 

まずは、私はなにをやりたいか?を思いついたままに羅列していきます。

 

 

死ぬまでにやりたいこと

  1. 中村真里さんのような女性になる
  2. 髪を黒に戻す
  3. 右奥歯の虫歯を治療する
  4. 拠点を東京に移す
  5. ジムに再び通う
  6. 仕事を目的ではなくプロセスとしてたのしむ
  7. Today at appleに参加する
  8. 瞑想・マインドフルネスをひとに伝えていきたい
  9. 脳科学の知識をつける
  10. バリ島でヨガをする
  11. インドでヒンドゥー川を眺める
  12. 宮武さんがいる間にプノンペンへ行く
  13. 香港でスターフェリーに乗る
  14. トルコでのんびりカフェ巡りをする
  15. イスラム圏で本場のベリーダンスを観賞する
  16. スペインでフラメンコを踊る
  17. エンジェル投資家になる
  18. 生涯学び続ける
  19. 愛する人と結婚する

 

目標には、点と線のものがあるな。落ち着いたら整理しよう。