// はじめに読んでほしい記事 //

【2018/12/26】金融市場は荒れ相場、10年物国債の金利は0%に

こんばんは、おつなです。

今日も金融市場は荒れていますね、、、

現在の全体相場と急落の背景

  • 日経平均は12/25(昨日)に1年8ヶ月ぶりの安値更新
  • 2万円の節目を割り込み19,000円台に急落
  • アメリカのトランプ大統領の政権運営の不透明感から米国株急落
  • リスク回避姿勢が強まる
  • 新発10年物国際利回りは一時ゼロ%を去年9月以来の水準に低下

新発10年物国債のチャート

上のチャートは日本国債10年物の、10年間の月足チャートです。

2009年頃に1.5%ほどあった利回りがこの10年で0%になったということです。国債って元本保証で預けた期間に応じて金利がもらえるはずなのに利回り0%だなんて、何が起こっているんだ。。

ただ過去(2016年)には-0.3%近くまで下がっていたようです。恐ろしいですね・・・

ちなみにこの日本国債利回りは、楽天証券のマーケット情報から調べることができます。

新発10年物国債とは?
新発10年物国債とは、新しく発行された10年物の国債のこと。国債には短期・長期というように償還期間が異なるため、利回りの計算は新発10年物国債を基準として見られているようです。

四季報10分ノック、気になる銘柄は見つからず

今日も昨日と同じように10分タイマーをかけて四季報を見るという「10分ノックチャレンジ」をしていましたが、今日は気になる銘柄は見つかりませんでした。

ちなみに今の私の四季報の読み方は、次のような感じでやっています。

  1. チャートが崩れていない
  2. PERが10倍前後 ←ここでほとんどがカットされました
  3. 業績が順調に伸びている

この3つを主に見ながら読み進めましたが、ほとんどが②PERが高すぎる問題でスルーしました。今の相場的にPERが低くなっているものもあるかもしれませんが、そこまで気になるものはなかった、というところです。

 

まぁこんな相場だから、選ぶ際のフィルターは厳しめに見ちゃうよね。