【使いにくい】Gutenbergで再利用ブロック機能を利用してみる【1日目】

 

 

新エディター、Gutenbergで書いてみる

 

今日の記事は新エディターGutenbergで書いてみることが目的のため、内容は薄いです。

プラグイン「AddQuicktag」の代わりとなるものがほしいため再利用ブロック機能を試してみました。所感としては微妙、といったところです。


再利用ブロックに予めショートコードを登録しておけばそれを呼び出すことはできるけど、再利用ブロックを再編集するには「再利用ブロック」→「通常ブロック」に変換する作業が必要です。



これは慣れの問題なのかもしれませんが、AddQuicktagのように一発でタグ装飾ができる訳ではないため、軽く不便だと思っています。



まだ私が再利用ブロックの使い方を理解していないだけかもしれないので、また明日引き続きテストしてみようと思います。


ちなみに再利用ブロックってなに?AddQuicktagの代わりになるの?という方は、こちらの記事「【Gutenberg】AddQuicktagは不要!「再利用ブロック」の使い方」が参考になったので是非読んでみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。