- Live better -

【ピボットテーブル】データを更新する方法【Excel】

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

今回はピボットテーブルを作成後、集計元データを変更した場合のデータ更新方法について紹介します。

ピボットテーブルを作成した後は集計元のデータを修正しても、集計結果は自動では変更されません。データの集計を反映させるには<更新>という操作を行う必要があります。

この<更新>を行わないと、集計結果が古いデータのままになってしまうので、元データを修正したときは必ず行うようにしましょう。

【ご注意】
本記事はExcelOnlineを使用して書いています。
お使いのブラウザや端末によって表示される内容が異なる場合がございます。

 

では、早速本題に入ります。

 

ピボットテーブルのデータを更新する方法

例題:りんごの販売数を10→30に修正する

STEP1:集計元のデータを修正する

ますは集計元のデータを修正します。

今回はりんごの販売数を10から30に修正します。

 

STEP2:ピボットテーブルの集計結果を更新する

次にピボットテーブルに移動します。

集計元データを変えただけでは、ピボットテーブルは更新されない。

集計元データを修正しただけでは、ピボットテーブル内の販売数は変わっていません。

そのため、メニューバーから【ピボットテーブル分析>更新>更新】をクリックします。

 

STEP3:完了

りんごの販売数が30に更新されました。

これで、ピボットテーブル更新は完了です。

 

さいごに

ピボットテーブルは作成後、集計元データを修正しても自動で反映してくれません。そのため、データを修正したらピボットテーブルを更新する習慣をつけましょう。

 

 

私が愛読しているExcelピボットテーブル本。

たくさんの画像とわかりやすい説明で、ピボットテーブル初心者さんでもさくさく読み進められる本です。この本を読めば一通りのピボットテーブルの使い方をマスターできること間違いなし!2019/2016/2013のExcelに対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です