// はじめに読んでほしい記事 //

workday(ワークデイ)ってどんな会社なの?株価は上がるの?

 

こんにちは、米国株に興味を持っている個人投資家おつな( @by0027 )です。

今回は、話題になっているworkday(ワークデイ)についてどんな会社なのかをまとめてみました。

 

ワークデイは伸びる、、気がする!

 

workday(ワークデイ)とは?

workdayのWEBサイトトップページ

workdayは、法人向けに人事・財務のクラウドアプリを提供するアメリカのテック系企業です。時価総額は4兆円越え。2005年3月に設立され、2015年に日本に上陸しています。workdayのアプリケーションを導入している企業は世界で約4000社のようです。

workdayのWEBサイト
(日本版)

 

推しポイント
米フォーブス誌が毎年発表する「世界で最も革新的な企業ランキング」2018年版で2位に選出され、今もっとも注目されている企業のひとつです。

 

主要製品は次のとおり。

主要商品:クラウドを使用したアプリケーション

  • 人事管理システム:ワークデイ・ヒューマン・キャピタル・マネージメント
  • 給与管理システム:ワークデイ・ペイロール
  • 財務管理システム:ワークデイ・ファイナンシャル・マネージメント
  • 分析システム:ワークデイ・ビッグ・データ・アナリティクス

人事・給与・財務・分析といった企業活動をする上でかかせない統合基幹系業務システムまわりのアプリケーションを提供しているようです。

 

workday導入企業

workdayは日本の大企業も取り入れています。

日本企業

江崎グリコ、ソニー、トヨタ自動車、日産自動車、日立製作所、ファーストリテイリング、三菱UFJ銀行

トヨタ自動車をはじめ、世界的に認知されているグローバル企業の多くが採用をしているようです。

外国企業

Amazon、トリップアドバイザー、Netflix、バンク・オブ・アメリカ、VISA、Yahoo!、ユニリーバ

外国企業においても大手企業の名前が並び、世界で見ると約4000社が利用しているようです。(ASCII社調べ:2018年9月)

 

直近6年間の業績推移

 

営業利益は赤字ですが、売上高は毎年きれいに右肩上がりにのぼっています。営業利益率も年々高まっており、今のままのペースでいけば2・3年後には黒字化しそうな勢いに見えます。

直近5年間の株価

workdayの直近5年間の株価

直近5年間のチャートを見ると、2017年1月頃から上昇しています。

2017年1月のときは大体80ドルくらいで、昨日(3/22)の終値は197.58ドルでしたので約2年とすこしで株価は2倍以上に上昇しています。

 

 

日本での今後3年間の計画は、パートナーエコシステムを重視

今年の2月に米フォーブス誌で、workdayの今後3年間の日本市場の計画が掲載されました。主な内容を次のとおりです。

 

STEP.1
2020年
日本市場に適したオペレーション体制を整備
とくにパートナーエコシステムを重要視し、ワークデイ製品の導入コンサルを手掛ける会社との連携を強化。
STEP.2
2021年
市場シェアの拡大
メインターゲットは大企業とグローバル企業だが、中堅企業の開拓にも挑戦。
STEP.3
2022年
プラットフォーマーとしての地位を確立
「真のクラウドHCM/FINANCE市場を創造していく」と鍛治屋執行役員は言っています。

参考:ワークデイ日本法人に新社長就任 今後3年間の成長戦略も発表

この計画通りに行くなら、3年後のERP市場(基幹系情報システム)でのworkdayのシェア率は大きくなっていくのかな。

トヨタ自動車やファーストリテイリングといった大手グローバル企業がすでに導入していることで、他の大企業や中小企業も敷居は低くなるような気がします。
そうなると、似たようなクラウドで基幹系業務システムを展開する日経企業は状況が厳しくなるかもしれない、ということを頭に入れておこう。

 

気になる企業のひとつです!

 

投資や経済の知識はここで学びました

投資や経済の知識は、日本最大級の総合マネースクール・ファイナンシャルアカデミーで学びました。ファイナンシャルアカデミーのいいところは、講座回数が多いこと・教室に参加できなくてもオンラインで受講できること・講師が愛をもって接し、やる気を奮い立たせてくれるところです。

メインスクールは1スクール30万円、単発ゼミは数万円と、値は張りますが私は受講してよかったな。と心から思っています。無料の体験会は随時開催しているので、よかったらどうぞ。

おしまい。