// はじめに読んでほしい記事 //

《6480》日本トムソン 四季報(夏号)から発見

なぜ気になったのか

2018年の四季報夏号を読んでいて、業績が拡大しており、かつ新年度の会社予想<四季報だったため、購入対象としてよさそうだったので、分析してみることにしました。

会社情報

会社名:日本トムソン

会社プロフィール
・ニードルベアリングや直動案内機器などの有力メーカー
・生産は岐阜県とベトナム
・販売は中国強化

強味:ヤマハ発電機に販売している ※ヤマハ発電機も業績◯

時期

四季報:2018年3集(6月売り)

https://shikiho.jp/tk/stock/info/6480

現在のチャート

※6/15のチャート

銘柄分析

  • 18年着地 > 予想(四季報、会社)
  • 19年予想:四季報 > 会社 (+何パーセント?)
  • 20年予想 < 19年予想
  • 現在(6/16)のPERは15.43
  • 直近3年の高値PER:37.9 / 安値PER19.3
  • 比較会社:6471日本精工は8-17、6481THKは13-24
  • 直動案内機器という部品は、電車のホームドアにも使われている。東京メトロは2025年までに全駅にホームドアをつけるという計画をたてているので、今後も需要はありそう。
  • 販売網も中国をはじめ、グローバル展開をしているので売上拡大の余地はある。

【判断】

  • 業績:◯
  • PER:◯
  • チャート:◯
  • 全体的によさそうで、今後も期待できそう。
  • だけど前号の四季報も良い内容だったのにも関わらず、それほど株価上昇はしていないということ。のんびりゆっくり上がる会社なのかな・・・

※追記

時価総額が5年前と比較して1.84倍にしか増えていないということに気がついた。悪くない銘柄だけど、大きく上がる可能性は少なそう。よって購入対象外とする。

【購入対象外】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です