// はじめに読んでほしい記事 //

【まとめ】痰が絡んで不安を感じる方に。色別に症状をまとめてみました。

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

痰について、こんな風に悩んでいる方はいませんか?

 

  1. 痰が出て、病気ではないかと不安を感じている方
  2. 痰の影響で息苦しかったり、窒息感を感じている方
  3. 微熱や痰がなぜか出ている方

 

今回はそんなお悩みな方に向けて、痰の色別の症状についてまとめてみました。

ご注意

この記事は、一般人が調べたことをまとめているため、不確実性があります。病院へ行く前の自己診断としてお使いいただき、心配な場合は必ず病院へかかってください。

 

 

赤系の痰が出る場合

 

痰の色:赤・ピンク・茶色

赤系の痰が出る方は、「血痰 / けったん」という、痰に血が混ざった状態になっているといわれています。血痰が1回でも出た場合は、重大な病気が隠れている可能性がありますので、医療機関への受診をおはやめにしてください。

ピンク色の痰は、肺が「うっ血(血流が停滞し増加した状態のこと)」しているサイン。こちらは様子見・注意が必要になります。

 

黄・みどり(青)系の痰が出る場合

 

痰の色:黄・みどり(青)色の痰

黄・みどり色系の痰が出る方は、風邪など感染の可能性があります。痰の色が濃くなったり、量が増えたときはウイルス類に感染している可能性があります。

痰の影響で死にいたることはあまりないといわれていますが、症状が長くつづいたり、不安を感じる方はこちらも医療機関への受診をおすすめします。

 

痰のマメ知識

過剰な痰の原因

  • 病気によるもの:風邪やインフルエンザなどの感染症
  • 病気以外のもの:生活環境から受ける刺激

 

暮らしのなかのちょっとした工夫

工夫次第で痰の症状をおさえることはできます。

  • 体力の消耗を防ぐ
  • 栄養のあるものを十分に
  • 室内は加湿し、水分補給も多めに
  • 冬季のマスクを使用
  • 空気の浄化・禁煙

こちらに記載していること以外にも様々な対応策はあるので、ご自身にあった方法を調べてみましょう。

▷参考記事:せきとたん – 一般社団法人 日本臨床内科医会

 

自己判断で不安な場合は、医療機関に相談を

 

一概に「痰」といってもさまざまな要因や症状が考えられるため、症状に不安を感じている方は自己判断や放置はしないで、はやめに医療機関に相談をしましょう。原因を特定できると、安心できますよ。

自分はただの風邪だと思っていても、じつは重大な病気のサインだったという可能性もありますので、気をつけてくださいね。とくに血痰(血が混ざった痰)が出たら、たとえ1回でも、すぐに受診してください。

 

あなたを守れるのは、あなた本人でしかないのですから。

 

対応方法まとめ

  • 痰に血が混ざる(血痰 / けったん):呼吸科へ
  • 口から咳とともに血が出る(喀血 / かっけつ):呼吸科へ

 

あ、どちらも同じだった。笑

 

健康はなによりも大切です。ご自身の身体の変化に気づけるようになると、いいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です