// はじめに読んでほしい記事 //

《3994》マネーフォワード 平成30年11月期(1Q)発表とチャートの動きを見て

私の本命銘柄、《3994》マネーフォワードが1Qの業績発表をしました。
発表を受けて、それまでのもみ合いチャートから一転、上昇トレンドに変わりました。
今回はなぜ上昇トレンドに変わったのか?その原因を探りたいと思います。

会社情報

会社名:株式会社マネーフォワード
会社
・個人向けに自動家計簿アプリ「マネーフォワード」を展開
・法人、個人事業主向けには「MFクラウド会計」「MFクラウドファイナンス」を展開
・個人向け法人向け共に月額課金が主な収入源
IR情報https://corp.moneyforward.com/ir/

時期

決算短信:2018年11月期(1Q)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2671756
決算説明資料:http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20180421_080242995_rfui2145z2yofb55qavxzb55_0.pdf
四季報:2018年2集(3月売り)

現在のチャート

決算短信を読んで

取引方針

  • 個人的にはフィンテック企業の本命だと思っているのと、知名度も抜群にあるので短期目線というより5年後、10年後の拡大を見据えて、長期投資と考えている。
  • 目先下がりそうな時は売るけど、基本はホールドの方針。

前提

  • 元々赤字上場。期待で買われる銘柄。
  • マネーフォワードは4Qにイベント「お金のEXPO」があり、4Qに売上が上がりやすい。

今回発表された決算短信

  • 業績は順調に伸びている。
  • まだ赤字だけど、EBITDA・広告宣伝費を含むとついに黒字化!
  • 人員は2年半で3倍に(人件費がかかっているが、今後の成長を見通して)
  • 家計簿アプリのマネーフォワードの利用者&プレミアム課金者も順調に増えている

コメント

順調に伸びていて、そして今後も成長することが分かる決算発表・資料でした。
ぱっと見はまだ利益は赤字に見えるけど、のれん・減価償却費・広告宣伝費を除くとついに黒字化。業績も綺麗に拡大していました。社員数、業務提携企業数も増えて、新サービスもどんどんリリースしている。
マネーフォワードの勢いが感じられる発表でした。

今は勢いよくチャートは上がっているけど、調整が入った時に買い増ししたい。

【タイミングが合えば、買いたい】

 

 

投資や経済の知識はここで学びました

投資や経済の知識は、日本最大級の総合マネースクール・ファイナンシャルアカデミーで学びました。ファイナンシャルアカデミーのいいところは、講座回数が多いこと・教室に参加できなくてもオンラインで受講できること・講師が愛をもって接し、やる気を奮い立たせてくれるところです。

メインスクールは1スクール30万円、単発ゼミは数万円と、値は張りますが私は受講してよかったな。と心から思っています。無料の体験会は随時開催しているので、よかったらどうぞ。

 

関連記事

《3994》マネーフォワードの株価急落を受けて、何が起こっているのかを冷静に考えてみる 《3994》マネーフォワードの株価が上昇した背景を調べてみた【上場来高値更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です