// はじめに読んでほしい記事 //

【20代女・個人投資家】FXをはじめたきっかけと、一冊の本【体験談】

 

こんにちは、おつな( @by0027 )です。

投資を始めてそろそろ7年目になる個人投資家です。
今回は「投資をはじめることになったきっかけ」について書きたいと思います。

同じように「これから投資をはじめてみたい!」と考えているひとの、何かのきっかけになれたらうれしいです。

 

想定読者:こんな方におすすめです

  1. 投資をこれからはじめたいと思っている人
  2. 一個人投資家の投資をはじめたきっかけについて知りたい人
  3. 投資をはじめたいけど、あと一押しなにかが欲しいと思っている人

 

 

一冊の本との出会い:FX超活用術

私が投資をはじめたきっかけは、一冊の本でした。

これは自分で選んで購入したという訳ではなく、実家の、姉の本棚に置いてありました。なんとなく面白い本ないかな〜と覗いたときにタイトルが目についた「働かずに毎年1000万円稼げる 私の「FX」超活用術」という野村雅道さん著書の本です。

著者:野村さんの「投資のある生活」

 

この野村さんの出版当時の生活スタイルが素敵でしたので、カンタンに紹介します。

  • 元銀行マン(みずほ銀行→新生銀行)
  • 横浜にある田園地帯に自宅兼オフィス保有
  • 趣味の海・野球(横浜スタジアム)に近いエリアにもオフィスを保有
  • 海ざんまい・為替ざんまい・野球ざんまいの生活をたのしんでいる

 

といった、「はたらく生活」ではない「すきなことをして、生きている」を2005年頃から実行されている方です。当時の年齢は50歳くらい。「ハッピーリタイア」を叶えた方です。

 

野村さんの主な投資スタイル
  • 「てこの原理」をつかって、金利差を稼ぐ長期スタイル
  • 徹底した金利狙いの投資術

野村さんの投資スタイルはFXのメリットといえる「てこの原理(レバレッジ)」を利用し、国外間の金利差を狙った長期投資です。

リスクは自分でコントロールできる範囲に調整し、基本は「ほったらかし」で「自動的にお金が増える仕組み」をこつこつと積み立てていたようです。

 

投資をはじめたきっかけ

 

そんな野村さんの生活スタイル・長期投資法を知り、「私もこんな生活をしたい!あくせくしない、のんびり生活を送りたい。」と憧れを持ち、2013年、人生ではじめての投資・FXを開始しました。

この頃はあと先をあまり考えず、「やりたい!」と思ったことにすぐ手を出してしまっていました。いま思うとこのときの衝動に駆られ、行動に移せられてほんとうによかったなぁ。と思っています。

 

当時お付き合いしていた経営者の彼も投資をしていて、その彼と「同じ目線で会話したい〜」というのもきっかけのひとつでした。

 

この一冊の本もですし、お付き合いしていた彼もですし、タイミングがよかった。

だから、難しそうな投資、しかもリスクが高そうで怖い。といったイメージのあるFXに手を出せたんじゃないかなぁ。と、振り返ると、そう思います。

 

おわりに

 

投資をはじめたきっかけについて、書きました。

最近は体調を崩し、投資活動をおやすみしていますが、(弱っているときにメンタルを使う投資は、冷静な判断ができなくなってしまうため)また落ち着いてきたら再開をしたいなぁ、と思っています。

相場は常に動いているので、あわてて「参加しなくちゃ!」という気持ちになると、すこしの変動に、こころを揺さぶられ、損を出してしまう可能性があります。

ですので、これから投資をはじめたいと考えている方も、必ず体調やメンタルが整っているときに行うようにしてくださいね。相場感を掴めていないはじめたての時期は特に、相場の変動に一喜一憂してしまいますので。

 

さいごに、「働かずに毎年1000万円稼げる 私の「FX」超活用術」の中で、ささった野村さんのお言葉を紹介します。

 

「これからの長い人生を、お金に『も』働かせながらよりよく生きる。」

 

 

私も、自身が働きつつ、お金にも働いてもらう。そんな生活を送るために、いまできること、すこしずつ「積み上げ」していこうと思います。

 

テレビ東京のモーニングサテライト内のコーナー「リーダーの栞」風にお送りしました。

 

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です